ナンパ不況時代

ナンパの準備・心構え
01 /04 2015
街に、

簡単にセックスさせる
かわいいビッチギャル
かわいいビッチキャバ嬢

が溢れていた時代の
1セックスと比べて、

現状の1セックスは、
明らかに、『重い』と感じます。

感覚値ですが、

当時の5~10セックスが、
現状の1セックスくらいかと。

当時の30ゲットが、
現状での、3~6ゲット。

当時の60ゲットが、
現状での、6~12ゲット。

当時の1000人切りが、
現状での、100~200人切り
です。

当時、月に100人くらいの女の子を
ゲットできていたようなナンパ師でも、
現状では、
確実に月に100ゲットもできません。

せいぜい、
死ぬ気で頑張って、
月10~20ゲット、
もしくは、それ以下でしょう。

現状で、
毎月安定して、
かわいい女の子を10ゲット
しているようなナンパ師がいれば、
神レベルかと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

>通りすがりさん

街にいる女の子全体が地味化した事で、
そもそも声掛け対象となる女の子の数自体が
非常に少ないです。

女の子全体の地味化が、
魅力的な見た目の女の子の数の激減につながり、

魅力的な見た目の女の子の数の激減が、
魅力的な見た目の女の子を連れ出すハードルが
上がる事につながっています。

その結果として、当然、
魅力的な見た目の女の子をゲットする事も、
ハードルが高くなります。

魅力的な見た目の女の子、の定義は、
男によって違うかもしれませんが、
ここでは、基本的にかつてのナンパ師が
メインターゲットとしていたような、
派手さとかわいさを兼ね備えた女の子の事を指しています。

このような事態に陥った原因の1つが、
雑誌の小悪魔agehaの廃刊かもしれません。

何故ですか?

昔に比べて、ゲットするのが難しくなったのは何故ですか?

キャッチ規制条例でホストやキャッチが減っておかげで、逆にナンパ師にチャンスが多くなったと思うのですが、そうでもないのでしょうか

ヒムロ

簡単に女の子のマンコにチンコをインできるナンパの仕方を開発中