レンタルルームでギャルとセックス

ナンパで即日セックス
09 /23 2014
終電過ぎの真夜中にナンパしに繁華街へ。

『社会不適合時間』というのは、基本的にはナンパに都合が良い。

ちゃんと働いていたり、ちゃんと学校に通っていたり、

真面目な生活をしている人であれば、フラフラと街にいるはずの無いような

時間帯を自分の中では、『社会不適合時間』と呼んでいる。

終電後であったり、平日の真昼間であったり。

こういった時間は目的が無い状態で街をさまよっている女の子に遭遇する

確率が高まるので、当然連れ出し効率も上がる。

そもそも街がガラガラで、声をかける女の子自体がほとんどいないような状態も

良くあるが、

街に数時間はとどまる事を覚悟すれば、全く女の子を発見できない事はまず無いので、

女の子の数自体が少ない事はあまり問題にならない。

女の子を発見する事さえできれば、暇、もしくは大した用事が無いパターンが多いので

高い確率で連れ出しができる。

なので、終電後というのは、

ちゃんとした彼女を作るには向かないけれども、

とりあえずチャラチャラするだけなら都合の良い時間帯だ。

で、街に到着すると、

女の子の数がかなり少ないが、

良さげな女の子を探しながらとりあえず待機。

2時間くらい何も無し。

スマホをいじりながらダラダラ歩いているギャルっぽい女の子がいたので声かけ。

30分くらいの所用があるらしいので、

終わったら連絡をしてくれと打診しつつ、とりあえず番ゲ。

その後も街はスカスカで悲惨だったが、

番ゲしてた女の子から律儀に連絡があったので合流。

もうトークとか面倒臭く、とりあえず射精だけして帰りたかったので、

そのままレンタルルームへいってセックスして解散。

レンタルルームでギャルとセックス
関連記事

コメント

非公開コメント

ヒムロ

簡単に女の子のマンコにチンコをインできるナンパの仕方を開発中